駿台中学部_大学受験コース2021_関東版
12/20

高1空間図形1次方程式平面図形文字式正負の数春期講習2次方程式平方根式の展開・因数分解春期講習2次関数のまとめ2次関数のグラフの応用2次関数のグラフと直線2次不等式2次方程式2次関数の最大・最小2次関数のグラフ集合と命題1次不等式と絶対値平方根整式の乗法と因数分解春期講習図形の総合三平方の定理円の性質面積比と体積比相似関数1次関数2次方程式平方根式の展開・因数分解春期講習カリキュラム 数学スーパーα数学スーパーα数学スーパーα数学スーパー数学y=ax211「なぜこのことが成り立つのか」「どのようにしたらこの問題を解くことができるのか」を考え、答えを出すだけの学習から、途中の過程を記述し、問題を解決する学習へと切り替えていきます。具体的・経験的な算数的アプローチから、より一般化・論理性を重んじる学問としての数学の勉強がスタートします。このコースで今後の数学の土台をつくる力が養われるはずです。代数分野では式の展開・因数分解・平方根・確率や2次方程式、関数y=ax2など、高校数学へ直結する単元が中心になります。幾何分野では三平方の定理・円を学習することで線分の長さや角度の大きさなどを具体的に求めることが可能となり、図形の形状をより具体的にイメージする力を養います。この学年が終了すると、中学の学習内容が終わり、高校数学を学ぶスタートラインに立つことができます。学校の授業進度や、数学の学習状況などを鑑み、【スーパーα数学】か、【スーパー数学】か、一人ひとりに適したコースをご提案させていただきます。応用・発展問題中心の授業で、大学入試に向けての数学的思考力・実戦力を身につけることを目標とします。扱う範囲は数Ⅰ・Aです。代数分野では中2で学習した内容から、論理性がより要求される内容まで、1つ1つの単元をより深く学習していきます。幾何分野では中2までに学習してきた幾何からギアチェンジをし、「見えないものから関係性をつかむ」「数式化して考える」力を養うための段階に入ります。1学期中に中学数学の学習範囲を総復習し、高校数学への礎をつくります。2学期からは、高校1年生の数Ⅰ・Aの学習範囲に入っていくカリキュラムとなります。基礎から応用まで学習する授業により、重要事項の確認と実戦力を身につけるための基盤をつくることを目的とします。中1・中2エクストラαコース(2年先取り・超難度)をお茶の水校・渋谷校・横浜校・海浜幕張校に設置いたします。(概要はP14を参照)詳しくはご希望の校舎へお問い合わせください。数Ⅱ・Bを高1で修了し、高2からは文理に分かれて学習します。どちらも高3で1年かけて入試対策を行います。50分×2コマ+20分演習週 年間33週50分×2コマ+20分演習週 年間33週50分×2コマ+20分演習週 年間33週50分×2コマ+20分演習週 年間33週①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫1学期のまとめ①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫1学期1学期1学期1学期スーパーαコーススーパーαコーススーパーαコーススーパーコースAI教材       による20分アダプティブ演習●数学ⅡBスーパーα 数学スーパー 数学中1スーパーα 数学中2スーパーα 数数学学学学学学学学学学学学中3高1〜高3 駿台高校部への進級カリキュラム数学

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る